マインドガードdx 効果

マインドガードdxは早期覚醒にも効く!?

 

早朝覚醒による不眠症の原因と対策

 

早朝覚醒とは、夜中に目が醒めてしまい、一度目が覚めてしまうとその後は眠る事ができなくなってしまう。

 

ベッドで朝を向かえてしまい寝た感じがないといった症状です。

 

途中で目が覚めてしまうため、しっかりと眠った感じがなく、実際十分な睡眠も取れていないため、疲労やストレスがもっともたまりやすい症状ともいえます。

 

早朝覚醒の方の多くは、体内時計のサイクルが短くなっている事が原因とされています。

 

体内時計はおおよそ24時から25時が土台になっています。

 

この体内時計が短くなると、早く目が覚めてしまうといった状況が生まれてしまいます。

 

この体内時計の仕組みとしては、メラトニンが大きく影響します。

 

メラトニンとは睡眠ホルモンとも言われており、覚醒と睡眠をチェンジして眠りを誘う効果があります。

 

人は朝起きて、体内時計が始動すると、体が信号を送りメラトニンの分泌が少なくなります。

 

大まかに14〜16時間後にメラトニンの分泌が始まり、その上眠りの状況になり、1日の疲れを取る休息モードに入ります。

 

メラトニンは加齢により減少する事がわかっており、体内時計の調節機能が弱まっている事で早朝覚醒になってしまう事があるようです。

 

早朝覚醒による不眠症の対策としては、

 

・睡眠環境を整えましょう。

 

朝起きて太陽の光を浴びる事は大事です。

 

しかし、寝ている時に太陽の光を浴びると自然と体が目を覚ましてしましますので、変な時間に起きないよう遮光カーテンなどを使用するのが良いかと思います。

 

・トリプトファンを摂取しましょう

 

トリプトファンは大抵タンパク質に多く含まれていて、体内に入ると脳内物質セロトニンに変化します。

 

しかも夜になるとセロトニンはメラトニンに変わり、睡眠へと流れを作ってくれます。

 

トリプトファンは1日あたり、500〜600mg必要と言われており、肉類や乳製品に多く、ご飯やパンにも含まれています。

 

食事を充分にと取る事が大事ですね。

 

ハードルが高い方にはサプリメントなどで補助していくのもよいかもしれません。

 

クワンソウ、ノニ、ギャバ、レスベラトロール、グリシン、トリプトファンなど休息に欠かせない成分をバランス良く1つのサプリメントで摂取できるのが、『マインドガードDX粒タイプ』です。

 

バランス良く配合されたマインドガードDX粒タイプは、実際にモニターチェックでも87.3%の方が効果を実感できると返答するほど、多くの方に支持されるサプリメントです。

 

天然成分にこだわっているため、依存性も気にせず、安心安全に服用する事ができます。

 

マインドガードdx

 

マインドガードdx効果も参考にしてください。